しみに対するフォトフェイシャルの効果

 

 

フォトフェイシャルの光は、皮膚を痛めず、美容効果をアップさせる作用があるとして、
多くの人が利用しています。

 

肌を傷つけないフォトフェイシャルは、ダウンタイムが少ないという特徴があり、
多くの人に指示されている点です。

 

お肌のしみや、しわなどのトラブルに効果があるというフォトフェイシャルは、皮膚への
刺激がとてもマイルドです。

 

IPLと呼ばれる光を肌表面に照射して、肌のターンオーバーを促進させることができます。

 

フォトフェイシャルの良いところは、術後に間をおかず、メイクや、洗顔などが可能な
ところです。

 

皮膚にしみができるのは、メラニン色素が沈着したものです。

 

このメラニン色素に対して、フォトフェイシャルの光は効果を発揮します。

 

皮膚の深層で生成されているコラーゲンを多くするために、IPLの光は皮膚に影響を
与えることが可能です。

 

コラーゲンの働きが活発になることで、しみが解消するだけでなく、プルプルと
潤った肌になります。

 

フォトフェイシャルの効果が実感できるようになるには、全部で3〜5回、3〜4週間
サイクルで光を照射してもらうことになります。

 

その後は、メンテナンスで3ヶ月に1回くらいのペースでフォトフェイシャルを受けると、
美しい肌がキープできます。

 

施設によって料金は異なりますが、一度につき1万円くらいでフォトフェイシャルが
利用できるようになってきました。

 

エステによっては、キャンペーン価格や、定期利用に対する割引サービスが設定されて
いるところもありますので、より安価でフォトフェイシャルが使えます。