顔にできたシミを消す方法とは

 

顔のシミができるのは、年齢を重ねたことや、強い紫外線を浴びたこと
などによります。

 

家でできるシミ解消のスキンケアがありますので、医療機関を受診する前に、
まずは自分で取り組んでみるといいでしょう。

 

顔にできたシミの解消には、病院に行って治療してもらうことも可能ですが、
家庭でのスキンケアでもある程度のシミ対策ができます。

 

ハイドロキノンは、シミをつくるメラニン色素の活動を抑える効果がある
もので、シミ対策によいと言われ、スキンケア用品に使われています。

 

くっきりとした目立つシミは皮膚科に行くしかないかもしれませんか、
症状によってはシミ解消にセルフケアで十分です。

 

ビタミンCは美白成分としてよく知られている栄養素ですが、ハイドロキノンは
ビタミンC以上に効果が得られると言われています。

 

ただし、刺激に弱い肌は、ハイドロキノンの入っている化粧品を用いると、
肌が赤くなってしまう場合があります。

 

敏感肌の人は濃度5%以上のハイドロキノン商品を使わないことや、事前に
パッチテストをして肌の反応を確認することが重要になります。

 

美白効果を高めるには、体の内部からも肌にいいものや、美白にいいものを
摂取することです。

 

身体内部で活性酸素の量が多くなると、そばかすやシミがなかなか消えなく
ることがあるようです。

 

活性酸素を増やさないためには、抗酸化成分を含む食事をすることです。

 

レバーやナッツ、柑橘類、緑茶の多いものを取り入れることで、活性酸素を
減らし、お肌の老化を予防できます。

 

シミを減らすためにできることだけでなく、普段からシミが増えないような
取り組みをすることも、顔にシミをつくらないためには重要になります。