気になるしみはフォトフェイシャルで解消

 

 

気になる肌トラブルの一つであるしみは、フォトフェイシャルを利用すれば、簡単に
解消することができます。

 

フォトフェイシャルは特殊な光を照射することでしみやソバカス、肌全体のハリやクスミを
改善することができる施術の事です。

 

顔にしみやそばかすができると、すぐに消すことは困難です。

 

お肌のお手入れや、時間の経過などが、本来は必要になるわけです。

 

肌のしみやくすみを目立たなくするために、フォトフェイシャルでは光を皮膚にあてます。

 

メラニン色素でしみやそばかすができていた場所に、フォトフェイシャルを施すことで、
色素が徐々に浮いてきます。

 

何もしないでそのまま待つと、浮いて持ち上がったメラニン色素の部分は剥離し、その部分は
白いなめらかなお肌になるという流れです。

 

ポロポロ浮き上がってきたものを無理にはがしたりしないようにしましょう。

 

一度にすべてが浮き上がってくるわけではないので、3週間から1ヶ月ごとに定期的に数回の
フォトフェイシャルの施術を受ける必要があります。

 

フォトフェイシャルを受けることで、しみやくすみのない白い肌になるだけでなく、
お肌の弾力が増したり、皮膚がキメ細かくなったりもします。

 

フォトフェイシャルはダウンタイムが短いため、メイクや洗顔も施術の直後からできるように
なります。

 

お肌にレーザーを照射した後はテープを貼りますが、フォトフェイシャルはぞこまでする
必要はありません。

 

ただし、皮膚は敏感になっているものです。

 

もしもフォトフェイシャルを受けたら、日焼けどめクリームを忘れずにつけることや、
強い太陽光の下で活動をしないように意識することが大切です。